ブログ

『いい肉の日』にちなんで、 焼肉屋さんロゴまとめ

ロゴ作成 ロゴデザイン 企業 記念日 イメージ イベント 語呂合わせ お店 居酒屋 焼肉
2022.11.29
11月29日は、その語呂合わせから「いい肉の日」と呼ばれていますよね。

 

この日に合わせて、デパートから街のお肉屋さんに至るまで、お肉キャンペーンのオンパレードです。

 

中でもやはり盛り上がりをみせているのが焼肉屋さん。肉料理は数あれど、この日に焼肉を食べに行く! という方、多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、焼肉屋さんのロゴに注目。おしゃれ系から凝ったデザインのものまでたくさんありました。焼肉を食べる前にちょっとお店の看板やロゴにも目を向けてみませんか?

 

 

 

 

 

11月29日は「いい肉の日」の由来

 

「いい肉の日」制定は宮崎から

 

そもそも「いい肉の日」とは、誰が言い始めたかご存じですか?

 

じつは、宮崎県なのです。宮崎は全国でも有数の肉牛の産地。そこで、宮崎県の「より良き宮崎牛づくり対策協議会」が制定しました

 

宮崎牛(みやざきぎゅう・みやざきうし)の味と魅力をアピールするのを目的とし、記念日は一般社団法人 日本記念日協会により認定・登録されています。

 

ちなみに、2月9日や毎月29日も「に(2)く(9)」と読む語呂合わせから、「肉の日」と呼ばれていますよね。

 

こちらの「肉の日」は、毎月29日を都道府県食肉消費者対策協議会が記念日として制定しています。(2月9日は制定されていません)

 

その他にも肉にちなんだ記念日はたくさんありますが、何といっても11.29「いい肉の日」のインパクトは絶大です。「いい肉の日」提唱の元祖が宮崎県というのも驚きでした。

 

さぁ、「いい肉の日」の由来がわかったところで、焼肉屋さんのロゴの世界を覗いてみましょう。

 

 

 

焼肉屋さんロゴ集

 

筆文字おしゃれ系

 

出店元: SANTEN

 

「高級感のあるロゴ、かつ和を感じられるデザイン、家紋と篆刻印(てんこくいん)を装飾に追加したい」という要望によって制作された焼肉屋さんのロゴデザインです。

 

クライアントさんの要望を見事に表現しています。

 

店名を筆文字にするタイプの焼肉屋さんは多いと思います。その中でも、こちらのように黒の下地に金文字でありながらケバケバしくなく、上質な印象を与えるとても上品な仕上がりと言えますね。

 

 

コンペ優勝のかわいい系

 

出店元:99designs

 

こちらは新規オープンする役肉屋さんのためにコンペで選ばれたロゴです。世界中のデザイナーによる53通りのロゴがエントリーする中から選ばれました。

 

可愛らしい牛が目印。絵の下にはお店の名前。王道のコンビと言えますよね。

 

ぺろっと出した舌がチャームポイント。クライアントさんのイメージにハマったのではないでしょうか。

 

 

家紋モチーフのシンプル系

 

出店元 :Wantedly

 

こちらは名古屋市中区にある焼肉屋さんの新店舗オープンに合わせて制作されたロゴ。日本酒にこだわった新店舗ということで、お店のブランディングを意識して制作されたそうです。

 

全体的に「和」をベースにしながら、モチーフになったのはオーナーさんの家紋。また、単純にお肉に合う日本酒を揃えた店という見せ方ではなく、オーナーが酒蔵や牧場を訪れる様を定期発行する際にもこのロゴデザインがツールとして登場する仕組みがとられています。

 

単なる看板ロゴとしてだけでなく、ストーリーやグッズ制作も視野に入れ、ロゴデザインの段階からブランディングを見据えた好例です。

 

 

墨絵手書き系

 

出店元 :TOKiiRO

 

こちらはドイツ・ベルリンにある焼肉屋さんのロゴです。ドイツ育ちの日本人オーナーのお店。

 

コンセプトの深淵に武士道という日本固有の思想をかけて、「USHIDO」という店名になったとのこと。

 

ロゴの目的は、ズバリ一目で日本のレストラン、牛肉がメインだとわかること。牛のシルエットを使うこと。などだったそうです。何通りものデザインを提案&手直しを経て、最終的に決定したのがこのロゴ

 

お店の看板以外にも、暖簾やサイト、名刺などに使用され、ベルリンの評判日本焼肉店になっているそうですよ。

 

 

デザイン・アート系

 

出店元 :piecedesign

 

こちらは、京都の祇園にある焼肉屋さんのロゴ

 

コンセプトは店名の「絆」という漢字をデフォルメし、京都の碁盤の目をデザインに取り入れているとのこと。

 

店名をここまでデザインする焼肉屋さんも珍しいですよね。

 

祇園という地域の特色を活かし、デザインに反映している点が秀逸です。焼肉屋さんの概念を覆す洒落感がありますよね。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか? 今回は「いい肉の日」にちなんで焼肉屋さんのロゴ集をまとめてみました。

 

一口に焼肉屋さんと言えども、そのアプローチは様々です。どれもシンプルながらひねりの効いたロゴデザインでした。

 

SNSやWebサイトが活発な現代において、お店のロゴは看板だけでなく、暖簾やサイト、名刺にグッズなどブランディングの顔ともいうべき存在です。

 

どのお店のロゴにも完成させるまでにはストーリーがあり、ロゴに込めた想いも多種多様。だからこそこれほどユニークなロゴが揃うのだと思います。

 

ロゴに込められたお店のこだわりと共に、今日はおいしくお肉をいただきましょう!

 

 

お店のロゴも各種おまかせ!!

ぜひCOCOLOGOを覗いてみてください。

COCOLOGOでは格安でプロ作成のロゴが手に入ります! きっとお気に入りのデザインに出会えます!!

 

 

参考文献

【[雑学ネタ帳] いい肉の日(11月29日 記念日)】

【[PRRIMES MAGAZINE] いい肉の日(11月29日)|意味や由来・広報PRに活用するポイントや事例を紹介】

 

ロゴデザインを依頼   ココロゴが選ばれる理由