ブログ

【2022年】おすすめオンラインカラーパレットツール・サイト5選!

コラム デザイン カラー アイデア
2022.08.09
ロゴやサムネイルはじめ、あらゆるデザインで重要になってくるのがカラーの配色です。

 

配色は、イメージを伝えるために必要なだけでなく、見る人の感情も左右する要素を持っています。

 

そこで今回は、簡単に配色選びができるオンラインツール・サイトをピックアップしてご紹介したいと思います。

 

まずは、配色の基本用語を覚えておきましょう。

 

 

 

 

配色の基本用語集

 

 

以上が知っておきたい配色の基本用語です。

 

では早速、様々なカラーパレットツール配色パターンサイトを見ていきましょう。

 

 

 

2022年度版人気のオンラインカラーパレットツール・サービス5選

 

Adobe Color

 

近似色や補色など、カラーハーモニー(色同士の関係性)から配色パターンを選ぶことのできる配色ジェネレーター

 

自分だけのカラーパレットをCreative Cloudに保存できる他、保存したカラーテーマは、photoshopやIllustratorなどのAdobe製品内のAdobe ColorのテーマパネルまたはCCライブラリから使用することができます。

 

Adobe Color 詳細🔗

 

 

Color Hunt

 

4色の配色パターンが掲載されている配色見本サイト

 

画面左上にある「New」や「Popular」、「Random」で、最新の配色や現在人気の配色などが示されます。世界中のユーザーが投稿した配色パターンのトレンドを知ることができます。

 

Color Hunt 詳細🔗

 

 

 

SchemeColor

 

何種類かの配色パターンにそれぞれ名前がつけられ見比べることのできる配色ツール

 

また画面上部には、「Pastel」「Vintage」「Bright」などのキーワードが配備されていて、イメージを決めて配色を探すことができます

 

SchemeColor詳細🔗

 

 

 

NIPPON COLORS

 

日本独特の伝統色が紹介されている配色サービスサイト

 

日本独自の色に付けられた数々の名前を知ることができます。画面右側にある「MUNSELL」をONにすると、カラーの移り変わりがわかる美しいアニメーションが出現します。

 

NIPPON COLORS 詳細🔗

 

 

 

HUE/360

 

色相・彩度・明度が示されたカラーパレットから配色を作成することのできるツール

 

右側のカラーサークルの中から一色選ぶごとに、選択した色に合う色だけが残っていく仕組みになっていて、自分のイメージで配色パターンを作ることができます。

 

HUE/360 詳細🔗

 

 

 

まとめ

 

いかがですか?この他にもカラーパレットツールやサイトは多数ありますが、今回は、基本的なものから、トレンドを知ることのできるもの、日本独特色などをピックアップしてみました。

 

配色の世界は本当に奥深く、数えきれない配色パターンを見出すことができます。

 

そして今回ご紹介した他にも、2色、3色、4色など、色の数を決めた配色パターンの見本を掲載しているツールやサイトもありますので、デザインする際の参考にしてみると良いかもしれません。

 

ぜひ自分のイメージをカラーパターンで表現してみてください。

 

 

参考文献

【[デザインパートナー] 配色デザインに役立つ!基礎知識と無料ツール】

【[Web Design Trends] 2022/ おしゃれな配色パターンが見つかる! カラーパレット人気ツール22個まとめ】

【[PHOTOSHOP VIP] 2021年版/ もう配色デザインには迷わない!すごい無料カラーパレットツール83個まとめ】

 

 

 

ロゴデザインを依頼   ココロゴが選ばれる理由